skin layers

skin layers

体重の約15%を占めるのが私たちの皮膚です。ものすごい量に思えるかもしれませんが、皮膚は人体でもっとも大きな臓器。そして、もっとも重要な臓器の一つでもあります。皮膚の構造を知ることは、外部に対する鎧を健康に維持するための第一歩です。

皮膚の目的

私たちの皮膚は、その大部分が外皮系で構成されています。この器官には、髪の毛や爪、汗や皮脂が作られる腺も含まれています。外皮系の主な3つの機能は、保護、調節、感知です。

このシステムにおける皮膚の一番の機能はバリアとしての役割で、温度、バクテリア、化学薬品、日差しなど、様々な外的要素から保護を行います。皮膚の中の血管も、体温調整に一役買っています。また、私たちの体が太陽からビタミンDを生成するのも皮膚です。

皮膚の層

私たちの皮膚はたくさんの重要な機能を担っており、3つの層がそれぞれの役目を果たしています。

表皮

皮膚の一番上の層を表皮と呼び、脂質によって結合する何百万という数の皮膚細胞でできています。これが弾力のあるバリアを作りあげ、体から放出される水分量の調節を行っています。

表皮のさらに一番上の部分(角質層)は平らな細胞の層から成っています。その下の、たんぱく質がセル状に並んで構成される基底層で、新たな皮膚細胞が作られます。これが、外皮の5つの部分で唯一、有糸分裂(細胞核の分裂)が行われる層なので、古い皮膚細胞は最上層からはがれ落ち、新たな細胞が基底層からもち上がって入れ替わります。

外皮には4種類の細胞が含まれています。その大部分は、水を通さない保護バリアのケラチノサイト。メラニン(肌の色素)は表皮メラニン細胞で作られます。ランゲルハンスやメルケル細胞はそれぞれ、免疫応答そして感覚を担っています。

真皮

その次の層は真皮と呼ばれ、表皮の下に広がっており、様々な機能に関与しています。

この層には根毛や神経末端、血管、そして体温の調整や老廃物を取り除く汗腺があり、さらに、肌を柔らかくなめらかにしつつも、防水機能をサポートする皮脂(脂肪)腺も含まれています。

真皮は、乳頭層と網状層の2つから成り、乳頭層には、血液と栄養を外皮に供給するための結合組織 があります。網状層は太く、深い部分にあり、肌に柔軟性や強度をもたらすコラーゲンやエラスティンのような構成要素が含まれています。毛包や腺があるのも網状層です。

皮下組織

皮下組織は、外皮系のもっとも下にある層です。主に、脂肪の貯蔵が行われています。皮下組織には、真皮を筋肉や骨に繋げる結合組織があります。また、外皮の血管や神経、各種腺のサポートを行います。

肌基盤の重要な要素

肌の基盤は、たんぱく質、脂肪、そして弾力や安定性をもたらすペプチドの集まりです。このサポート構造の主な成分は以下の通りです:

  • エラスティン - 外皮に存在する弾力結合組織を構成するたんぱく質
  • ケラチン - 皮膚のもっとも外側の層を構成する主なたんぱく質
  • コラーゲン - 長鎖のアミノ酸で、皮膚に存在するたんぱく質の大部分を構成する
  • 脂質 - 水分を閉じ込め、細胞を結びつける天然の「モルタルまたはセメント」
  • ペプチド - アミノ酸が連結したもので、細胞に働くように指示する

さらに詳しく知る

このような基礎知識を身につけることで、皮膚の適切なお手入れや維持の仕方が、もっと理解できるようになることでしょう。皮膚構造の基礎知識がお分かりいただけたと思いますので、健康な肌における栄養の重要な役割についてさらに学んでいきましょう

skincare

skincare肌やその適切なスキンケアの背後にある科学は、解剖学や生理学を総合的に見ると一番よく理解できます。肌の構造や機能、重要なたんぱく質について知ることで、肌のお手入方法について、知識に基づいたより良い判断が可能になります。

皮膚の層

肌は、結合した細胞からなる3つの層でできています。表皮、真皮、皮下組織が細胞の接合部で連結し、体で一番大きな器官を作り上げています。

肌の層はそれぞれ、ホメオスタシス(体の均衡が取れた状態)を維持するにあたり、独自の役割があります。皮膚は体温を調節し、体内のデリケートな器官を保護し、病原体から体を守っています。

皮膚のそれぞれの層や、その構造・機能についての詳しい情報は、「たくさんの層:皮膚の構造を知る」でご覧ください

水分

健康で輝く肌に、保水力は欠かせません。乾燥肌は、ゴワついた印象を与え、ひび割れの原因となります。International Wound Journalに発表された最近の研究では、肌に毎日水分を与えることの重要性が強調され、1日2回肌にうるおいを与えることで、老人介護施設に住む高齢者の約半数に、肌のひび割れが減少した結果が出ています。

モイスチャライザーは、皮膚で作られる皮脂に似た原料が含まれると、乾燥肌への効果がもっとも発揮されます。その類似性が、モイスチャライザーと肌のスムーズな融合を作り上げるのです。こういったモイスチャライザーは水分を肌に閉じ込め、健康的な水分補給を行います。植物由来のオイルは特に、乾燥肌へ効果的にうるおいを与えます。

コラーゲンとエラスチン

私たちの肌は、その構造を強化するファイバーやたんぱく質が複雑に絡み合ってできています。コラーゲンやエラスチンは、なくてはならないたんぱく質の一つに数えられます。

コラーゲンは、肌に優れた強度をもたらします。コラーゲンの生成は、年齢とともに低下するため、肌のくすみやシワ、ほうれい線などのエイジングサインが出てくるのです。肌には、いくつもの異なるコラーゲン・たんぱく質が存在し、それぞれが異なる機能を担っています。

コラーゲンは真皮表皮接合部(DEJ)で、ほかの皮膚細胞のための組織構造を作っています。 またDEJにおいて、構造の安定性を維持する役割も担っています。シワができてしまった肌は、DEJのコラーゲンが非常に少なく、その部分での安定性の欠如が、さらに多くのシワを引き起こします。

エラスチンは、肌基盤でもう一つの重要なたんぱく質で、皮膚に弾力を与えます。年齢と共にエラスチンが減少することで、肌のたるみが起こります。

エラスチンは年齢と共に自然に減少し、肌のたるみは、このたんぱく質への光損傷が原因という見解がもっとも有力です。UVを浴びることでエラスチン・たんぱく質が硬く丸くなり、元の形に戻る力が抑制されます。 長期に渡る光損傷によって、エラスチン・たんぱく質は弾力を失い、皮膚構造をサポートできなくなります。

目に見えるエイジングを最小限に留める効果が期待できるスキンクリームやトリートメントには、コラーゲンやエラスチンの生成を引き起こす原料が含まれています。シワやほうれい線を効果的に最小限に留めるには、こういったスキンクリームと日焼け止めを組み合わせた使用は欠かせません。

と年齢

skincare

年齢と共に、必然的に変化する肌。エイジングサインの多くは適切なスキンケアで最小限に留めることができます。肌のエイジングを引き起こす2つの要因(内的要因と外的要因)。毎日の効果的なスキンケアで、この両方にターゲットを当てていきます。

肌のエイジングを引き起こす内的要因には、さまざまな遺伝子的背景が含まれています。外的要因は一般に、体の外にある要因を指します。例えば、喫煙、日光浴、栄養不足など。早期エイジングの原因の約8割は日焼けによるものと考えられ、多くの外的要因は、回避することが可能です。

肌のエイジングを最小限に食い止める効果的な方法の一つに、抗酸化作用のある食べ物を食事に取り入れる方法があります。ベリー類やティーツリーオイル、緑茶、ぶどうの種抽出成分は、食事やスキンケア製品でよく見かける有名な抗酸化物質です。抗酸化物質は日光が皮膚細胞にもたらすダメージに対抗し、健康的な細胞機能を促進します。抗酸化物質は肌にとって重要なだけでなく、脳や体の健康維持にも役立ちます。

まとめ

皮膚内部で何が起こっているのかを理解することで、スキンケアの賢い選択に役立ちます。良質なモイスチャライザーを選び、肌のコラーゲンやエラスチンが受けたダメージを減らす努力を行うことで、肌の健康が改善され、エイジングのサインを最小限に留めることができます。さらに、日常生活からもたらされるエイジングの外的要素を取り除くことで、肌が強く健康になるために必要な力をつけることができます。